MAIL MAGAZINE

下記からメールアドレスを登録すると、FUZEが配信する最新情報が載ったメールマガジンを受け取ることができます。


「ARファッション」というストーリーテリングの時代を切り開くデザイナー

ARTS & SCIENCE
/uploads/mayumi_ishikawa_sq.jpg
ライターmayumine
  • はてなブックマーク

著名なデザイナーを輩出してきたパーソンズ美術大学の卒業生でデザイナー、カイル・グアン(Kailu Guan)の卒業制作である「KG Projects」と名付けられたコレクションは、ARと融合している4Dファッション体験だ。デジタルデバイスから服をかざして見てみると、生地にプリントされたパターンを「トリガー」として、さまざまなエフェクトアニメーションが浮き出てくる。それは服の形状、テキスタイルとマッチした、独特で美しいARだ。

素材にはスウェード、オーガニックウール、オーガニックコットンを使用。フロック・フォイルプリントで生地にテキスタイルをプリントし、ARはドットや波形、スパイクなどのアニメーションエフェクトを使う。プログラマーとアニメーターと一緒に作品制作を行ったそうだ。

20161006_ar01.jpg

私の服から伝えたかったストーリーはたくさんあったのだけれど、与えられた服の形状や素材では、たくさんのストーリーが失われる。今ではすべてがデジタル化しているように、アプリのようなデジタルプラットフォームを使って、ストーリーを取り戻せるんじゃ無いかと考えたの。伝統的なテキスタイルと、デジタルのコンビネーション

とカイルはデザインメディアのDezeenに語る。

augmented_fashion_Kailu_Guan.jpg

augmented_fashion_Kailu_Guan2.jpg

20161006_ar02.jpg

AR技術は、ポケモンGOの大流行によってかなり認知が広まったが、まだまだ建築など特定の分野でしか活用されていない。このファッション×ARの取り組みは新しい4次元ファッションの世界を広げるきっかけとなるだろうか。