MAIL MAGAZINE

下記からメールアドレスを登録すると、FUZEが配信する最新情報が載ったメールマガジンを受け取ることができます。


Lytro、現時点で最も完成されたVR動画「Moon」を公開

NEW INDUSTRY
/uploads/mayumi_ishikawa_sq.jpg
ライターmayumine
  • はてなブックマーク

撮影後にピント調節ができるライトフィールドカメラのブランドLytroのプロフェッショナル向けカメラ「Immerge」で撮影したデモ動画「Moon」が公開された。

ライトフィールドとは、多数のカメラで光線の向きまで記録する技術。記録した光束から演算処理によって画像を「取り出す」ことで、撮影後でも自由にピントを合わせることができる。つまり、撮影対象物のピントは撮影時に合わせなければならない、という常識を覆す技術だ。さらにこのライトフィールド技術によって、立体VR動画や、6DoF(3次元空間で物体が取り得る6軸の動き)の視点移動、CGと実写VR動画の融合が可能になる。

これまでのVR映像の技術は大きく2つに分かれていた。視点の自由度が高く深い没入感を得られる一方で、製作物の現実感は希薄になってしまうゲームエンジンか、視点の自由度は制限されるが現実感のある360°VR。Immergeは視点の自由度が高く深い没入感を得られ現実感もある、いわば従来のテクノロジーの良い所を融合させた技術なのだ。

20160912_lytro001.jpg

まるで自分でVRカメラを動かして焦点を合わせるような」映像体験は、これまで以上に高度な没入感が得られるという。通常のVRカメラでは、カメラを中心に360°撮影するが、Immergeはカメラの中心からx軸、y軸、z軸で回転できるので「3軸の自由度」での撮影が可能だ。

このデモ動画では、ユーザーの頭の向きだけではなく、頭の位置に連動して映像が変化している(通常のVRカメラを使って定点撮影をした場合、映像はヘッドセットの回転にしか連動しない)。

なお、「Moon」と題されたこの動画は、1969年7月に実現された人類初の月面着陸時の様子を再現しているが、実は当時の映像はNASAが地上で撮影した偽物だったという噂を最新のテクノロジーで実現するというブラックユーモアもふくまれている。